business

ビジネスマナー「人付き合い」

ビジネスマナー「人付き合い」

皆様こんにちは。兼業社蓄です。最近は梅雨ということもあり洗濯物の処理に悩まされています。
なぜか週末によく雨が降るんですよね。何かの修行か?と思うほど精神的に圧迫されます。笑
明日やろうばバカヤロウだ。が身にしみる今日この頃です。

さて6月に入り新卒の皆さんは会社の先輩とも仲良くなってきた頃ではないでしょうか。
でも会社と学校は違います。そうですここでも存在するんです。ビジネスマナーというものが。
今回は会社の人との付き合い方を一緒に学んでいきましょう。
(※新卒の方以外の目にも触れるかと思うので新卒意外の方の立場のことも記載しています。
混乱しないでくださいね☆)

☆付き合い方
同僚・部下・上司立場は違えど付き合い方には共通点があります。
親しき仲にもれいぎありということわざがあるように節度のあるお付き合いが必要となります。

【挨拶】
円滑な人間関係を築く為、きちんと挨拶をしましょう。
社内に限らず外にいる時も同様です。上司や目上の方への挨拶は敬語でします。
苦手な人だからとかあまり仲良くない人だから・・・と挨拶をしないのはタブーです。
挨拶されなかった人側からすると無視をされたように感じるものです。注意しましょう。

【約束ごと】
いくら気心の知れた同期でも、約束を破ったり相手の話を聞かず自分の事ばかり話してはいけません。
部下に対しても同じです。きちんと相手の人格を尊重しましょう。

【悪口】
また女性が多い職場だと悪口や噂話などをしてるシュチュエーションに遭遇する機会もあるかもしれません。
口は災いの元です。人を介して相手の耳に入ることもありえます。簡単に口にするのは止めておきましょう。

【詮索】
給与の額や貯金の額などプライベートな事を詮索するのも良くありません。
自分が聞かれていやな事はハラスメントにあたります。気をつけましょう。

【貸し借り】
また、お金の貸し借りは避けましょう。
トラブルの元です!緊急事態でやむ得ずという場合もあるかもしれません。
万が一貸すことになったとしても、戻らなくてもいいという覚悟がない場合はきっぱり断りましょう。
断るのは気まずいものですが、トラブルを避けるためには断る勇気を持つ事も大切です。

【無理な引継ぎ】
無理なことは対応できない旨をきちんと伝える。
もちろん、相手の立場も考えて丁寧に伝えることが大前提です。
「できません」「無理です」と感情的に伝えるのはいけません。
「今日は取引先と大事な打ち合わせがあるので難しいです」などやむを得ない状況の為とこちらの状況を伝え、理解してもらいましょう。

【指摘】
指摘されると反発したくなるのが人間です。
だからといって反発したり言い訳したりしたりするのはみっともないです。
指摘する側もいじめたくて指摘してるのではありません。
あなたに気付いてもらいたい、改善してもらいたいから伝えてるのです。
真摯な態度で受け入れ、納得できないことは質問したり相談するようにしましょう。
疑問点をそのままにしているともやもやが残るだけで問題解決には至りません。
また同じミスを繰り返してしまいます。不明点は必ず確認しうまくできない場合はアドバイスしてもらい
素直な気持ちで受け入れましょう。

【報告】
失敗やトラブルがあった場合は速やかに上司に報告します。
会社とは縦社会です。あなたのミスを上司が把握してないことほど危ないことはありません。
時は金なり。報告が早ければ早いほどいろんな選択肢があります。
上司の対応方法をみて勉強し一緒に勉強して成長していけば良いのです。
成長は最高の恩返しです。

【叱責】
人前で叱るということはその人の面子をつぶすということです。
人格を否定されたと捉えられる可能性もありますし何より社内の空気が凍り
叱責された人以外のスタッフにも悪影響がでます。
何度指摘しても直らない、性格が特殊などと特別な理由がない場合はむやみやたらに人前で叱責しないようにしましょう。

【摩擦】
そりが合わないスタッフがいますよね。
どこの職場でもありえることです。全員が仲が良いなんて人数が多ければ多いほどありえません。笑。
わざわざ波風を立てる必要はありません。周りが気を使わない程度に必要最低限、業務に支障が出ない程度に付き合いましょう。
ストレスはコストです。

いかがでしたでしょうか。
学生時代とあまり変わらないと思った方もいらっしゃったかもしれませんね。
しかし自分が当たり前と思ってる事が相手も同じように思ってくれてるとは限りません。
時には当たり前のことであっても伝えなければいけない時もあります。
こうやって文字で表して情報を共有するというのはお互いの認識をあわせるのにとても効果的です。

付き合いにくい人やいしの疎通が難しい場合のコミュニケーションのひとつとして覚えておくと便利かもしれませんね。
素敵な社会人ライフを送ってくれることを願っています。
それでは、また次回!ヾ(*’-‘*)ヾ(*’-‘*)ヾ(*’-‘*) バイバイ!!

フェイスブック

Return Top