business

『ビジネスマナー 日々こつこつ』

『ビジネスマナー 日々こつこつ』

みなさんこんにちは、新人社畜ことやまぴです。
今回はビジネスマナーの基礎として日々意識する事について紹介していきたいと思います。

日々何気なく行っている作業や仕事には見直してみると、重要な作業や習慣が多くあります。
ひとつひとつを見直して、しっかりと適切に行うことでその日の仕事の成果は何倍にもなります。
ではどの様なことに注意をはらえばいいのか、一日のおおまかな流れを見直してみましょう。

■ 身だしなみは清潔に

働く職場によっては、スーツ必須でない場所もあるでしょう。
たとえ私服OKの職場であっても、不衛生な格好や乱れた身だしなみはNGです。
職場に向かう前に、頭髪、ひげ(女性は化粧)、ワイシャツ(女性はブラウス等)、
ズボン、靴、表情といった具合に自分でチェックを行って、
最低限の身だしなみは整えられる様注意しましょう。

■ 挨拶は元気良く

以前にも挨拶について触れましたが、挨拶は毎日元気良く。これが基本です。
挨拶をするだけではなく、簡単な近況や日々の些細な変化を挨拶とあわせて
コミュニケーションができる様にしましょう。
些細なコミュニケーションが取れる関係性作りは仕事の上で必ず役に立ちます。

■朝礼は真剣に

朝礼に参加する際には、極力メモを用意し展開事項をメモできる様にしましょう。
だらだらしたり、ボソボソと話したりする様な朝礼には意味がありません。
朝礼は一日の始まりでその日の仕事の成果を左右します。
しっかりと情報を共有し自身の当日の仕事の方向性も報告ができる様にしましょう。

■ 整理整頓、清掃は丁寧に

身の回りや職場の整理整頓、清掃はおろそかにされがちで
仕事に直結しない様に思われていますが、そんなことはありません。
仕事の精度や職場環境へ大きく影響しますし、
整理整頓や清掃すらしっかりできない様な状態では良い仕事なんてできるはずもありません。
自分の身の回りだけでなく、進んで清掃を行う様にしましょう。

■ 一日のスケジュールをおさらいしよう

仕事に取り組む前にまずは、その日どの様に仕事を行うのかどの仕事を終わらせるのか
スケジュールをしっかり立ててその日の仕事配分とゴールをしっかり確認しましょう。
優先度に応じて仕事を配分し時間を有効に使い効率よく仕事をするために、
細かなスケジュールの決定は大切です。またいつまでも残って仕事をする方がいますが、
これは朝出勤した時点でその日のゴールが設定できていない場合に多く見られます。
万一朝スケジュール立てをした時点で仕事量が多いと感じたら、
優先度の低い仕事をリスケするか、周りに協力を得られる様必ず相談をしましょう。

■ 報連相は都度

このブログでも何度も書いていますが、報連相は仕事の基本です。
業務の進行状況に変化が発生したらその都度報連相を行いましょう。
「報連相が多すぎる」と怒られるよりは、「報連相がない」と怒られることの方が致命的です。
忙しい上司に何度も話しかけると迷惑に思われるのではないか。
ある程度は自分で判断した方がいいのではないか。と思い報連相を省略してしまいそうですが、
多くの場合報連相が多すぎると言うことはありません。
まずは上司をつかまえて報連相を都度行い、その報連相の中から微妙な判断や
知識、意図を汲み取り次回からの判断に活かせる様にしましょう。
例え一人で判断ができる事であっても、
「~の様に進めたいと思いますがよろしいでしょうか?」と伺いを立てることも
大事な報連相の一旦です。自身で判断できる内容であっても必ず報告を行いましょう。

■ トラブルやミスは正直に

トラブルやミスが発生した場合、自身の評価を下げると考えひた隠しにしたり、
ごまかしてしまう人がいますが、これは逆効果です。
前項で説明した報連相の一部ですが、トラブルやミスは迅速に正直に報告しましょう。
トラブルやミスを隠蔽してもいつか必ず露呈します。
その際にあなたの評価は確実に地に落ちます。
なんとかごまかせても疑念が残り信頼度は下がり今後の仕事に影響がでるでしょう。
トラブルやミスがあっても第一報をどれくらい迅速に報告するか。
トラブル時の判断や終結までの動き等から、トラブルはあなたのプラス評価となることもあります。

■ 残業は勝手にしない

残業そのものが申告制の職場もあるでしょう。
しかし申告制でない職場であっても残業は勝手に行うのではなく、
業務の内容を申告した上でどの程度残業が必要なのか上長に報告を忘れずにしましょう。
残業の報告が行えていないと、あなたの業務量は管理されていないことになります。
本当に今必要な仕事なのか、優先度を含め上長は把握し管理をする事が必要です。
なぜ残業が必要なのか、後に回すべきなのか残業を行うべきなのか、
自分だけで判断せずかならず上長へ報告した上で許可を得て残業しましょう。

これらの日々の業務は、毎日当たり前にやってきますが些細なことだと見逃しがちで
その為に毎日少しずつ仕事の制度が低くなってしまいます。
一見すると簡単でなんでもないような一日の流れを意識することで、
仕事の流れは良くなり社内評価にもつながります。
少しでも心当たりがある方はぜひ見直しを行ってみてください。

くだらない駄文。申し訳ありません。お読みいただきありがとうございました。
やまぴでした。それではまた!

フェイスブック

Return Top