business

ビジネスマナー『冠婚葬祭の礼服』

ビジネスマナー『冠婚葬祭の礼服』

こんにちは。
今回は冠婚葬祭で着用する礼服について書かせて頂きます。

社会人になると、突然の不幸があった時に、会社に行く時のスーツを着ていくと、
両親や親戚に「学生じゃないんだから、喪服ぐらい買っておきなさい」と言われたりする様になります。
しかし、喪服とリクルートスーツの違いがわからない方も多いかもしれません。

男性の礼服は喪服にも結婚式にも着る事ができます。
是非、読んでみて、礼服を持っていない方は礼服の購入を検討してみてください。

喪服とビジネススーツって何が違うの?
男性は黒のスーツというイメージがあるので、ビジネススーツの黒でも良いのでは?と思われる方も居るかもしれません。
しかし、ビジネススーツを葬式の際に着ていると、周りの人と黒の色合いが違うため、浮いてしまう事があります。
黒でも喪服の黒は濃い黒なのです。また生地も違ったりします。

礼服と喪服って何が違うの?
結論から言うと、喪服は礼服です。喪服は葬式などで着る礼服です。
礼服は冠婚葬祭の為や敬意を表す時に着る洋服です。
礼服という大きなカテゴリーの中の一つが喪服という感じで考えてもらっても良いです。
礼服はフォーマルウエアとも呼ばれます。

礼服にはどんな種類があるのか?
燕尾服やタキシードなどを礼服と呼んだりしますが、日本では普通の生活の中で着る機会はあまりないかと思います。

燕尾服・・・夜の男性用礼服。後ろの裾の部分が長くて裾が割れている形のもの。
      裾の部分がツバメの尾の形のため、燕尾服と呼ばれる。基本は蝶ネクタイが白を着用。

タキシード・・・夜の男性用礼服。よく結婚式で新郎が着ている事が多いです。
        基本は夜用ですが、日本では昼間の結婚式でも気にせずに新郎は着用しています。
        蝶ネクタイは黒を着用。

モーニング・・・昼の男性用礼服。裾部分が前から斜めに後ろにカットしており、
        後ろの裾部分は燕尾服の様にカットは入っていない。
 基本は昼に着用するものですが、日本では認証式などが夜にあっても着用する習わしがあったりもします。

女性の喪服
女性は黒の膝が隠れる長さの丈のワンピースにジャケット。
もしくはツーピース。あまり見かけないですが、パンツでも大丈夫です。

喪服として着る時の小物
男性・・・喪に服す時は、シャツ以外のネクタイ、ベルト、靴など、全て黒を着用します。
     シャツは白です。光り物のネクタイピンはやめて、黒の地味なものにしましょう。
女性・・・ストッキングは黒で柄のついてないもの。靴は黒のパンプス。
     アクセサリーはパールのネックレス、パールのイヤリングをつけます。
     これは涙を表していると言われています。

結婚式の時はどんな服?
男性
礼服を着用します。喪服と同じ礼服を着ても大丈夫です。ネクタイは白やグレーなどを着用。
結婚式は華やかになるよう明るめの色にしましょう。ポケットチーフも忘れずに。
モーニングなどは最近では主催者の両親が着用したりしますが、参列者はほとんどフォーマルスーツが多いです。

女性
白以外のパーティードレスや着物を着用します。
(白は新婦が着るため)喪服と同じものを着用する地域もあるようですが、
華やかな所ですので、喪服を着る場合も上に羽織るボレロを明るい色にしたり、
アクセサリーやコサージュなどで華やかにしましょう。靴はつま先の出るヒールやブーツはNGとされています。
よく、集合写真を撮る時に男性陣が黒スーツを着る人がほとんどになるため、
女性には黒以外の明るい色のパーティードレスを着てもらいたいという話を聞いたりします。
また、同じグループの友人の結婚式に毎回同じドレスを着るのも躊躇うし、新しいのを購入するのも、
何回も着る訳じゃないし勿体無いという方はレンタルドレスを試してみると良いかもしれません。
1回の為に購入するのはもったいないと思いますが、レンタルだったら普段着ない様なカラーのドレスを選べて冒険もできます。

★セブンコードのレンタルドレス ドレスタ★

平服ってなに?
よく、結婚式のパーティーで「平服でお越し下さい」という一言が書いてあったりします。
これは普段着で着て下さいという事ではなく、
燕尾服やタキシードなどのかしこまった正礼装や準礼装を着てこないで下さいっていう事です。
難しいかもしれませんが、きちんと感が出るおしゃれをしていきましょう。
わからない人は普段結婚式に行く黒のフォーマルスーツでも大丈夫です。
間違ってもジーンズで行かない様にしましょう。
(余談になりますが、私の知り合いで、シーンズでパーティーに行ってしまい恥をかいたという人が居ます)

冠婚葬祭の服装は地方によって、着るものやしきたりが違ったりもしますので、注意しましょう。
自衛隊や警察官、消防官など制服がある人たちは、冠婚葬祭で制服を着る事があります。
また、学生も制服がある人達は冠婚葬祭では制服を着用します。
フォーマルウエアは1着持っていると何年も着る事が出来ます。
いざという時は急にやってきます。1着も持っていない人は購入を検討してみてください。

フェイスブック

Return Top