business

ビジネスマナー「見た目について」

ビジネスマナー「見た目について」

皆さま、こんにちは。今回は見た目についてのビジネスマナーについてお話します。

人は見た目じゃない!!なんてよく言われてますが、実際のところそうもいってられません。
人間は万能ではないので初めて会った人の性格や品位、能力、経歴などをすぐに理解することは不可能です。

過去の経験に基づき、こういう振る舞いをする人はこのような性格の人が多い!とか
この色を身につけてる人は人前にでるのが苦手だ・・・など見た目から勝手にその人物像を決めつけてしまうものです。
そんな人目を気にするなんてつまらないのは嫌だ!自分は自分!オンリー1目指すぜ!と
自我を通すのもある意味カッコいいのですがビジネスの世界においてはリスクが大きすぎます。

自分が良いと思っていても相手も同じく良いと思ってくれるとは限りません。逆に不快に取られてる可能性もあります。
それをさけるにはどの点に注意すればいいのかポイントをあげます。

【髪】
・伸ばしっぱなしはNG。だらしなかったり、疲れてる印象をうけます。
→男性はなるべ短髪(坊主以外)にし女性はまとめれる長さであれば後ろに束ねましょう。

・ヘアカラーは基本黒髪です。染めたとしてもダークブラウンまで。
→似合う、似合わないとかではなく明るすぎるカラーは自我が強く人にあわせることができないタイプという印象を受けます。

・派手なヘッドアクセ、過剰な巻き髪、香料の強いヘアケア商品の使用は控えましょう。
→品がなく見られてしまいます。笑

【服】
・体系にあった服装にする。
→あまりにもダボダボだと兄弟からのもらい物なのかな?と思われてしまいます。逆にキチキチだと教えてくれる親切なオトモダチがいない人なのかと勘ぐってしまいます。

・流行を追いすぎない。
社会には老若男女、いろんな年代の方がいらっしゃるので流行を追いすぎると嫌な顔をされることがあります。そういった服はプライベートで楽しみましょう。

・丈に注意。
→パンツスーツの場合、ヒールの高さや座ったときのシルエットも考えて丈の調整をしましょう。スカートも短すぎるとセクシーになってしまうのでNGです。

【小物】
・靴はきれいですか?意外に痛むのがはやいので時々気にするようにしましょう。
→女性の場合はヒールのクッションにも注意が必要です。まれにクッションがはがれ妙にカツンカツンと大きな音を響かせて歩いてる方がいらっしゃいますがガサツなイメージを持たれてしまいます。

・ネクタイ
→自分に似合うオーソドックスなデザインの物を取り入れましょう。

・鞄は適切なデザインの物にしましょう。
→派手すぎたりデカバックだと違和感があります。特にスーツの場合はできるだけシンプルなものが望ましいでしょう。

・時計
→カジュアル過ぎたり動くたびにカチャカチャ音がなるようなデザインのものは避けましょう。

・装飾品
→大振りなピアスやネックレスだとオフィスでは浮いてしまいます。どうしてもつけたい場合は小ぶりで肌なじみのよいものにしましょう。

【身なり】
・ヒゲは剃りましたか?
→特殊な職業ではないかぎり敬遠されてしまいます。気をつけましょう。

・メイクは派手になってませんか?
→いつも同じ気心のしれたスタッフ同士だとしても大人の女性である以上ノーメイクは論外です。またオフィスであることを無視した派手なメイクもNGです。
不自然なカラコンや長すぎるツケマ、マツエクもこれに含まれます。

・爪はどうですか?
→きちんと切りそろえた爪は清潔感にあふれています。ネイルアートも奇抜なデザインは避けたほうがベターです。

・姿勢はどうですか?
→猫背になっていませんか?姿勢が悪いと声も自然と小さくなりなんだか頼りなく見えてしまいます。

【その他】
・表情について
→口角をあげ笑顔を意識しましょう。(状況に応じて臨機応変に対応が必要です。叱られてる時の笑顔はだめですよ。笑)

・声について
→明るくハキハキと聞き取りやすいスピードで話すようにしましょう。

・言葉使いについて
→正しい敬語つかえていますか?まちがっても上司にため口をつかってはいけません。

・臭いについて
→最近衣類用洗剤が多様化しにおいが強い商品も多く販売されています。一歩間違えるとスメハラと訴えられるケースもあるそうです。
オン・オフをきちんと切り替えできるようにしておきましょう。

・動作について
→あわただしく早足で歩いたり、ドアをおおきな音をたててガチャンとしめたり・・・周りの人が振り駆るほど驚かせてしまいます。
品のある行動をするよう心がけましょう。

どうでしたか?
後半の【その他】については見た目とは少しかけ離れてしまいますが、人を判断するとき
無意識に情報として入ってくる項目なので今回は追加してみました。

基本は清潔感があり枠からはずれす控えめで品があれば好印象を持ってもらえます。
仕事をするにあたり印象が良いというのは強い武器になります。
自己プロデュース、きちんとできるようにしていきましょうね☆

フェイスブック

Return Top