business

ビジネスマナー『名刺交換について』

ビジネスマナー『名刺交換について』

こんにちは。
今回のブログは名刺交換についてです。

会社に入ると大抵の方は名刺を作るかと思います。事務の人は会社外の人とやりとりが無い為、作らない会社もあるかもしれませんが、名刺を持っていない方も名刺を貰う機会があるかもしれませんので、自分には関係ないと思わずに名刺交換について覚えておくと良いでしょう。

名刺の交換方法や作法って、なんとなく先輩の見よう見まねでされて覚えている方もいるかもしれません。改めて勉強してみましょう。

名刺交換の仕方
・名刺交換の順番
初めての会社に何人かで行った場合は上司から名刺交換をします。二人で行った場合は上司が先に名刺交換をします。相手がどちらとしたら良いか迷っているようでしたら、自分は少し後ろにひいて、二番手にわかりやすいようにしてあげましょう。

名刺交換する時のマナー

*立って交換
*机を間に挟まない
*名刺は名刺ケースから出す(ポケットなどに直接入れない)
*名刺は相手から読める向きに
*目下の人から名刺を差し出す(お客様を相手にする場合は物を売る人から差し出します)

イスに案内されて座っていても、相手が来たら立ちましょう。
自分と相手の間に机を挟まない様に、相手の前まで自分から動きます。名刺を差し出す時には相手に読める方向にし、名刺ケースの上に名刺を乗せ、指で名前や会社名等が隠れない様にして両手で持ち差し出します。差し出す時には「株式会社○○営業部の佐藤と申します」と名乗りながら差し出します。
名刺を同時に交換する場合は相手も名刺を出してきます。右手で差し出しながら、「頂戴致します」と言って、左手で相手の名刺を受け取りましょう。受け取る時も相手の名刺の会社名や名前が指で隠れない様に端を持って受け取ります。
もし、同時に名刺交換をしない場合は名刺は両手で差し出し、両手で受け取ります。

受け取ったら、相手の名刺を確認。名前など読みづらい場合はこの時点で確認しておきましょう。

名刺交換した後、相手の名刺はすぐにしまわずに名刺ケースの上に相手の名刺を乗せて机の上に出しておきます。相手が複数居る場合は、偉い人の名刺を名刺ケースの上に乗せます。他の人の名刺は席に座っている順番に机の上に出して並べておき、帰る時まで出しておきます。帰りに置いて行かない様に気をつけましょう。

名刺を切らせていた場合
通常、名刺を切らせる事はタブーです。名刺入れには多めに名刺を入れておきます。また、社交場に出る時には名刺交換をするとあらかじめわかっているので、名刺ケースに入らない場合はストックを鞄に入れておきましょう。

名刺を切らせてしまった場合は正直に、名刺を切らせてしまっている旨を申し出て謝り、相手から名刺を頂戴します。その場合は次回会った時に名刺を必ず渡しましょう。
ちなみに、部署によっては名刺を会社で作って貰っていない人も居るかもしれません。その場合は、正直に普段外に出ない為、名刺を持っていない旨伝えて、相手の名刺を頂戴しましょう

名刺ケース
名刺は名刺ケースに入れて持ち歩きます。名刺をポケットなどに直に入れないようにしましょう。また、名刺は端が折れてしまったものは相手に渡さないようにしましょう。
名刺ケースは会社によって指定があったりもしますので、新入社員は購入前に確認しておきましょう。会社によってはアルミ素材のものは禁止されているなどもあります。
ちなみにアルミ素材は落とした時に音がする事や、相手の名刺を名刺ケースに乗せた時に滑って落ちやすいなどと言われている事もあり、自由な会社以外ではあまり好ましくないと言われております。
また、どんな人を相手にする職業かによっては、相手に好まれるようなシックなものが望まれる事もあります。

私自身感じた事はIT業界や美容業界、クリエイティブな事をされている方などは華やかな名刺ケースや個性的な名刺ケースを持っている方が多いと感じましたので、業界によって様々です。

名刺交換時に会話をして場を温める
名刺交換時にはあっさりと交換するだけで終わるのではなく、名刺を受け取った時に会話をして場を温めるようにしましょう。名刺には相手の事業だったり、住所だったりいろいろな情報が乗っていますので、話を突っ込んで聞いてみて、場を和ませてみましょう。場の空気がほぐれる事で本題にも進みやすくなります。

☆名刺を持ち帰ったら
名刺ホルダーなどに入れて管理しましょう。最近では名刺をスキャンしてデータ化して、パソコン上で管理する人も多いかと思います。スマホのアプリでも簡単に管理できるソフトもありますので、いろいろ試してみると良いかと思います。会社全員で情報を共有できるようにしている会社もありますので、会社で決まっている場合は会社のやり方に従い管理しましょう。

いかがでしたでしょうか。名刺交換は初めて会う人とする為、第一印象になり、きちんとできないと相手にダメな印象をもたれてしまいます。名刺交換は慣れるまではスムーズに交換する事が難しいので、事前に練習して、実践に備えておきましょう。

フェイスブック

Return Top