blog

ヒ素に耐性を持つ民族が存在【電話代行スタッフブログ】

ヒ素に耐性を持つ民族が存在【電話代行スタッフブログ】

電話代行スタッフ田中です。

ヒ素と言うと、和歌山毒物カレー事件や森永ヒ素ミルク中毒事件などを引き起こした、
「致死リスクが高い、猛毒な化学物質」というイメージが浮かぶと思われます。

image

実際にヒ素は生物に対する毒性が強く、
毒物及び劇物取締法により医薬用外毒物に指定されているもの。

間違って飲み込むと、吐き気、嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、
場合によってショック状態から死に至ります。

例え少量でも肺に影響を及ぼし、慢性的に服用すると、
皮膚の色が変わり、黄疸、腎不全などが発症し、じわじわと死に近づいていきます。

そんな猛毒のヒ素、
しかし、世界にはヒ素を服用しても何も問題のない民族がいるそうで
その生活習慣によりヒ素に耐性を持ったよう。

その民族とはアルゼンチン北東部に位置するアンデスの人里離れた集落にて暮らすアタカメニョ族の子孫たち。

image

ヒ素を溶かした水を習慣的に飲んでいるそうですが、驚くことに全く健康に問題はないとのこと。

アンデスと言えば、ポンチョを身に纏い、アルパカを連れて歩く遊牧民たちの牧歌的な光景が真っ先に思い浮かびます。

そんなアンデスのとある集落では、信じられませんが、
有毒であるはずのヒ素が無毒なものとして浸透しているとのこと。

この驚くべき事実が判明したの、スウェーデンのルンド大学の研究チームの調査によるもの。

彼らがアタカメニョ族が暮らす集落で、女性124名の遺伝子を調べたところ、1万年前から7千年前までの間に、
体内にてヒ素の耐性にもつながる遺伝子変異が起こっていたことが判明。

image

集落は火山性土壌の上にあり、当時土壌に含まれるヒ素が放出された湧水を日常的に飲んでいたことから、
次第にヒ素への耐性が形成されたものと研究者たちは見ています。

長期にわたり同じ薬を飲んでいると、次第に効きづらくなることはよくあること。

これは肝臓において薬を分解する酵素が増えるためです。

このような人体のメカニズムを考えれば、ヒ素を食べても無害な人がいるというのは不思議でないかもしれません。

と言うか、私たちが取り込んで生命活動に欠かせないこの酸素だってもともとは毒ですしね。

そして明日は地下鉄サリン事件のあった日。

もうあれから20年経ちますが
今でも苦しんでいる方々はたくさん居ます。

フェイスブック

Return Top