blog

ステレオグラム【電話代行スタッフブログ】

ステレオグラム【電話代行スタッフブログ】

電話代行スタッフ田中です。

この間話題となったドレスの話。

脳の画像処理の相違による錯視ですが、今日はステレオグラムの画像について。

ステレオグラムとは、2次元の画像を立体視する(目の焦点を意図的に前後にずらして合わせる)ことで立体的に見えるように作成された画像のこと。

英語ではマジックアイ・ピクチャーとも呼ばれています。

モノを見るということは、言い換えれば目で光を感じるということで、さまざまな物体に反射している光を通じて、その物体のイメージを脳の中で認識しているということ。

視覚とは目と脳の共同作業により作り出される世界の事を言います。

そして、人間は単眼視による遠近感と両眼視による立体視を組み合わせることで立体感を実現しています。

単眼視による遠近感は、物体の両端から目までの二直線の角度の大小によるもの(大きく見える物体が近く、小さく見える物体は遠い)と、
遠くの物体は近くの物体に遮られて見えなくなること、物体がハッキリ見えるか否か(ハッキリ見える物 体は近く、霞んで見える物体は遠い)等、経験や学習により得られます。

これに対し両眼視では、遠近感とともに立体的な感覚が得られます。

人間の両方の眼の中心から中心までは約6~7cm 離れており、 左右それぞれの眼で見えるものの形等は微妙に違います(離れた物体や景色を左右の目を交互につむって見ると違いが実感できるはず)。

この差を視差と言い、左右の目に映った微妙に違う画像が脳で処理されて立体感を得ているのです。

立体視は両眼視のこの機能を利用して、同じ景色や物体を違う位置から写真撮影した対の写真(画像)を立体的に見る手法で、
立体視には平行法・交差法・余色法がありますが、どの方法も左右それぞれの眼が別々の画像を見る技術であることに変わりはありません。

これを踏まえ、ステレオグラムを見るのですが、
中にはうまく脳と眼の共同作業の仕方がわからない方がいると思います。

そんな方にオススメなのがクロス法というやり方。

1.画像と眼の中間付近に指を1本立てる。
2.寄り目にするような感じで指先を見る。(焦点を画像より手前に合わせる)
3.視線はそのままで指を抜き、さらに焦点を前後に変えて調整する。
4.うまく重なるように焦点を前後に微調整する

私は指を立てずにとりあえず画像を見ながら寄り目にして、その状態でピントが合うように位置を調整。

しばらくすると模様が浮き上がってきます。

見えるとちょっと嬉しいし、眼にも良いので気が向いたら気分転換にやってみてください。

image

image

image

image

image

image

フェイスブック

Return Top