blog

無線送電実験成功【電話代行スタッフブログ】

無線送電実験成功【電話代行スタッフブログ】

電話代行スタッフ田中です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが8日、
電気を無線で飛ばす実験に成功したそう。

宇宙空間に浮かべた太陽電池パネルから地上に送電する、「宇宙太陽光発電」の実現に不可欠な技術で、今後の研究開発につながる成果です。

宇宙太陽光発電は、電気をマイクロ波などに変換して宇宙から地上に送る構想で、日本では1980年代から本格的な研究が始まったそう。

昼夜や天候に影響されずに発電できることが特徴ですが、実現するにはコストの大幅な削減など多くの課題がありました。

JAXAは、直径2~3キロメートルの巨大な太陽電池パネルを使えば、原発1基分(100万キロワット)相当の発電ができると試算しています。

image

一方、強力なマイクロ波は人体や環境に悪影響を及ぼす恐れがあるため、極めて高い精度でマイクロ波の向きなどを制御して、ねらった場所にピンポイントで送電する必要があります。

兵庫県内にある三菱電機の屋外試験場で実施された実験では、送電用アンテナから発射するマイクロ波の角度を少しずつ変えて、向きを細かく調整。

約55メートル離れた場所に設置した受電用のアンテナへ正確に送ることに成功。

JAXA研究開発本部の大橋一夫・高度ミッション研究グループ長は「マイクロ波の制御は安全に、無駄なく電気を送る上で重要な技術。確認できたのは大きなステップ」と話しています。

この技術が確立されたら、あのルナリング計画もかなり実現に近づきます。

そしてスマホなどのガジェットの空間充電計画もひそかに進んでいるのでそちらの技術も併せて実現されたら
いつか充電という言葉自体、無くなるかもしれませんね。

フェイスブック

Return Top