blog

「追憶の森カプセル」【電話代行スタッフブログ】

「追憶の森カプセル」【電話代行スタッフブログ】

電話代行スタッフ田中です。

今日はある埋葬法について。

その昔、日本でも遺体は土葬として土に埋められ、その遺体は自然へと還って行きました。

今日では遺体を埋める土地の問題もあり、火葬が一般的。

そんな中、イタリアのカプスラ・ムンディという企業は、人間の遺体を木の養分として効率的に循環させるべく、遺体をカプセルの中に入れて、木の下に安置し、”追憶の森” を作るというプロジェクトを発表。

カプセルの素材にはジャガイモやトウモロコシなど、季節に応じた再生可能なものが利用されるそう。

image

以下はその手順を説明したもの。

卵状のカプセルに遺体を安置する。カプセルの素材にはでんぷんプラスチックが採用され、100%生分解性である。

image

カプセルを種のように土に埋める

image

上に木を植える。なお、植樹する木の種類は選択可能。

image

埋葬と木の種類が増えるにつれて追憶の森が形成されていく。

image

家族や友人たちは記念樹を手入れし、亡くなった故人を偲ぶ。

image

全体のサイクル

image

ちなみにイタリア政府はまだこの埋葬方法を認可していなません。

カプセル・ムンディの社員は法制度を改正し、人々に埋葬の選択肢を与えようと奮闘中だそう。

日本では樹木葬という形がありますが、それは遺骨の上に樹木も植えるというもの。

こちらは故人を栄養分として育つ樹木が墓標となるので、まさに追憶の木となります。

日本ではなかなか許可は下りなさそうですが、閉所恐怖症の私としては、骨壷よりもこれだったらいいなあと思えた埋葬法です。

正直死んだ後の自分の遺体なんてどうなっても良いと思っていますが、子供の事を思うと何かしらの形はやはりあった方が良いのかなと思うようになりました。

墓を持つのは大変なので、今回のような森林の中の一本や
例えば位牌を石にしてくれたり、あまり手間がかからない方法で想って欲しいです。

フェイスブック

Return Top