blog

神秘の生物、サルパ【電話代行スタッフ】

神秘の生物、サルパ【電話代行スタッフ】

電話代行スタッフ田中です。

今日は神秘の生物サルパについて。

tanaka150210-02

水中の神秘、尾索動物のサルパは海の中を浮遊する生き物の仲間。

透明なゼラチン質に包まれたその体はみずみずしく興味をそそる生き物。

有性世代になると、連なりあいながら巨大なコロニーをつくります。

15tanaka150210-1

サルパは世界で一番成長が早い多細胞生物。

彼らの一部の種は1時間で全長の10パーセントも大きくなることがあるそうで、筋肉の力によって海中を進み、体から水を押し出しながら泳いだり、エサである植物性のプランクトンを体内に取り込んでいます。

カナダのオーバートン、ジョンズ・コーブではサルパの群れがビーチを埋め尽くしている時があるとのこと。

tanaka150210-04

カナダの漁業海洋省の科学者たちによると、サルパは冷たい水よりも暖かい水中の方が早く成長するとのことで

繁殖するための重要な条件は、水温よりも食糧ということで、エサとなる植物性プランクトンが大量に発生すると、それに付随してサルパも大量発生するそう。

tanaka150210-05

サルパの一生は複雑で、有性世代と無性世代を繰り返しながら生きており、有性世代のときは連鎖して泳ぎ、卵を産み

反対に卵から生まれた無性世代のときは、一人で静かに漂い、 やがてその無性世代は有性のクローンを生み出し、連鎖。

000tanaka

適した環境下ならその繁殖力はとても強く、あっという間に大量のクローン群ができるそうで、1匹のサルパは10センチ程度ですが、クローン化し連なると時には数メートルにもなるそうで

2014年には、大西洋の北西沖で複数のサルパの大量集団が発見されています。

カナダの北西大西洋では、秋になると頻繁に局部的なサルパの群が観測。

特に水温の高いところでは発生率も高かったそう。

サルパは時々大量発生して漁網を目詰まりさせるので、漁師にとってはやっかい者ですが、サバやカワハギなどの我々の食卓に上がる魚や、

マンボウ、ウミガメなどにとっては大切な餌の一つであり、海の生態系をしっかり支える生き物です。

見た目も生態も謎の多いサルパ。

何故か宇宙生物にも見えてきます。

サルパとして生まれ変わり、何も考えずにただ海を漂うのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブック

Return Top