blog

スマートフォンでHIVと梅毒を検査【電話代行スタッフブログ】

スマートフォンでHIVと梅毒を検査【電話代行スタッフブログ】

image電話代行スタッフ田中です。

今日はもしかしたら未来の医療に何かしら変化が起こるかもしれない話。

現地試験でHIV(ヒト免疫不全ウイルス)と梅毒の検査を可能にする、一般的なスマートフォン(多機能携帯電話)を使った新たな技術が開発。

4日の米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)」(電子版)に研究論文が掲載されたそう。

米コロンビア大学(Columbia University)の技術者らが主導した研究によると、この新たに開発されたスマートフォン向けのアクセサリー機器で、血液数滴を用いたHIVと梅毒の抗体検査が実施可能になるとのこと。

標準的な診断検査装置の価格は1万8000ドル(約210万円)ほどですが、このアクセサリー機器の製作単価は34ドル(約4000円)程度。

研究チームによると、スマートフォンのイヤホンジャックに接続するこの機器は、HIV検査法として広く知られている「酵素免疫抗体法(ELISA法)」と同様に動作し「性能もほぼ同等」だとされ、また検査結果も数分で出るとのこと。

初期研究は、アフリカ・ルワンダの女性96人の協力の下で実施。

研究チームは、僻(へき)地の住民や十分な医療サービスが受けられない場所に設けられた現地診療所で、この「チップ上の検査ラボ」が役立つことを期待しています。

コロンビア大のサミュエル・シア(Samuel Sia)准教授(生体医用工学)率いる研究チームは、さらに規模を拡大した臨床試験の実施を当座の目標に掲げています。

同准教授は「完全に実験室レベルの免疫学的検定が、スマートフォンのアクセサリー上で実行できることを、われわれの研究は示している」と語っています。

「マイクロ流体工学と家電製品の最近技術とを組み合わせることで、スマートフォンを利用できるほぼ全ての人が、特定の実験室ベースの診断法にアクセスすることが可能になる。こういった機能により、世界中に提供される医療サービスの形態が変わる可能性すらある」

伊藤計劃氏のハーモニーのような世界がもしかしたら本当に来るかもしれません。

そしてそれが良いことなのかどうかわかるのは、私たちがもういない遥か遠い未来のお話です。

 

フェイスブック

Return Top