blog

「ブルーアイスバーグ」(南極)【電話代行スタッフブログ】

「ブルーアイスバーグ」(南極)【電話代行スタッフブログ】

今日はとても美しい、まるで巨大な宝石のような山について。

imageこれはブルーアイスバーグと呼ばれる転覆した氷山で、米サンフランシスコを拠点に活躍する写真家アレックス・コーネル氏が南極にて、180度ひっくり返って底部を露にした氷山を撮影したもの。

氷山の一角” の言葉通り、氷山はその90パーセントを海中の中に沈めたままだと言われています。

転覆した氷山自体は特に珍しいものではありませんが、鮮やかなブルーの陰影を湛えた姿は滅多にお目にかかれないもの。

コーネル氏が撮影した氷山は南極半島の入り江シエルバ・コーブで遭遇したもので、昨年12月の写真撮影旅行中に偶然出会ったそう。

 

image

image

image

「南極で無数の氷山を目撃しましたが、どれもよく写真にあるような白いものばかりでした。これ以外のものは、全体に空気の泡があり、

水が流れ出していました。青い氷山はまるで異星人が作った人工物の様ですね」。とコーネル氏。

氷山に空気が含まれているほど、その色は白くなります。

氷山が氷棚から崩れ落ちたとき、普通は「周囲の環境と静力学的平衡にあります」と同博士は説明。

これは氷山の10分の1が海面の上に残り、残りの10分の9は海面下に沈むことを意味しており、そして、

海中では氷山が溶け始めるため、徐々にバランスが崩れて、どこかの時点で上下が逆さまになるそうで、氷山の大きさにもよりますが、

小型船なら転覆させることもあるほどの津波を起こすこともあるとのこと。

リーザー博士によれば、今回の氷山の年齢までは特定できないそうですが、それでも数万年か、場合によっては数十万年は経っている可能性があるよう。

コーネル氏のように、1年に1度程度の頻度で南極を訪れるような人物が珍しい青い氷山を見られたのは、幸運としか言いようがありません。

かく言うリーザー博士も、転覆して美しい緑を披露する氷山を目撃したことがあるそうで、これを翡翠氷山と呼んでいるそう。

氷山は一生その色を変えません。この氷山もまたひっくり返ったりしない限りは、海に溶けてしまうまで青いままでしょう。」とリーザー博士。

まさに地球の瑠璃色の中でも抜群に美しい碧。

鉱石好きにもたまらない美しさです。

フェイスブック

Return Top