blog

初代PlayStationのCPUを搭載したNASAの無人探査機が冥王星に到達。【電話代行センタースタッフブログ】

初代PlayStationのCPUを搭載したNASAの無人探査機が冥王星に到達。【電話代行センタースタッフブログ】

代行センタースタッフ田中です。

今日は大好きな宇宙ネタです。

2006年に地球を出発した無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が休眠状態から回復し、冥王星の観測が開始されるそうです。

image

ニュー・ホライズンズは、2つのコンピュータ・システムによって太陽系を飛行しており、
一方が誘導制御を行っている間に、もう一方はコマンドとデータハンドリングに使用されています。

この2つのシステムを実行しているのが、ニュー・ホライズンズが搭載しているマイクロプロセッサである「Mongoose-V」。

image

Synova製の10~15MHzのクロック数を持つ「R3000」の耐放射線バージョン。

MIPSアーキテクチャベースのMongoose-Vは、「位置情報の分析」「複数のサブシステムへ作動コマンドの分配」「計器データの収集と処理」「地球へバックアップデータの送信」や、
問題発生時に自動修正を行って地球へ救助を求める、という高度な独立アルゴリズムも実行。

冥王星に到達したニュー・ホライズンズは今後、冥王星および冥王星の月を探査する予定で、
NASAによると日本時間で2015年7月15日の20時50分ごろに冥王星をフライバイする予定。

2015年8月後半に冥王星探査を終了する予定ですが、
なんと2016年後半にカイパーベルト天体の追加探査ミッションも計画されているそう。

image

そんなニュー・ホライズンズに搭載されている「Mongoose-V」のベースとなっている、同性能の「R3000」は32bitのマイクロプロセッサ。

2015年現在も東芝のマイクロコントローラなどに使用されているほか、
初代PlayStationにも同じものが使われています。

プレイする機会も少なくなった初代PlayStationですが、冥王星の付近ではゲームではなく貴重な惑星探査データの収集に使われている、というわけです。

そして何よりカイパーベルト天体の追加ミッションと言うのが気になります。

image

その言葉を聞いただけで妄想世界が爆発する言葉が幾つかありますが、
その中の一つ、『オールトの雲』と同じ、彗星の故郷と言われるカイパーベルトの探査なんて
想像しただけでゾクゾクしてしまいます。

どうかどうか計画倒れしませんように。

続報が出たらまた取り上げようと思います。

 

 

 

フェイスブック

Return Top